詐欺のマッチングアプリによく見られる傾向とは

詐欺のマッチングアプリによく見られる傾向とは

マッチングアプリで詐欺をしようとする人によく見られる傾向は、個人情報を知ろうとすることです。

名前や住所、電話番号以外にも連絡がとれるSNSのIDなども聞いてくることで、これは個人情報を知ればその後の行為がしやすくなるからです。

相手の電話番号やIDを知れば連絡がしやすくなるので、何度もしつこく勧誘することができ、たとえ勧誘が目的とばれて別れてしまっても、その後連絡をとって再度勧誘ができるからです。

そしてもう一つの傾向は、できるだけ早く2人きりで会おうとすることです。

実際に会って話をしてしまうと、怪しい儲け話やマルチ商法にわかっていても怖くて逃げられない、少しのお金なら払ってもいいかという気持ちにもなり、被害にあうことが多くなります。

この他にも、会ってほしい人がいる、知人に紹介するといった行為も複数で誘い込む手口で、マッチングアプリは出会いの場を広げることができるアプリですが、このような言葉が開いてから出た場合は、慎重に行動すべきです。

マッチングアプリの年齢制限を偽った詐欺に注意

近年はスマートフォンの急速な普及に伴って、多くの方がインターネットを気軽に利用する時代となりました。

そのような中で最近増えているのが、ネットでの異性との出会いです。

マッチングアプリというと何となく馴染み深いかもしれません。

近年はこのマッチングアプリを経由して異性との出会いが増えています。

今は出会いの主流となっています。

一口にマッチングアプリと言っても多くのアプリが存在していて、料金設定などもバラバラです。

結婚を意識したセキュリティのしっかりしているアプリから、年齢認証があるのかわからない 微妙なものもあるのが現状です。

事前にきちんと調べておくことをおすすめします。

年齢制限を簡単にかい潜れるようなアプリの場合、未成年が混ざっているかもしれないからです。

そこでそのような相手と深い仲になってしまうと、後で詐欺の被害に遭うかもしれません。

そうならないようにするためにも、その点は気を付けるようにしましょう。

筆者:石橋隆

筆者プロフィール

東京都渋谷区生まれ。
知人から投資勧誘に誘われたことがあると聞いて自分も気を付けようと思いました。