誰もが被害者になる可能性がある!マッチングアプリの詐欺の見極め方を紹介!

当サイトは誰もが被害者になる可能性がある、詐欺のマッチングアプリの見極め方を紹介しています。
トラブルにならないようにするためにも、出会いを目的にアプリを使用するのなら知っておきたいポイントです。
トラブルになりそうなマッチング用アプリを回避するための方法も、このサイトで解説しています。
さらに安心して利用することのできないマッチング用アプリによく見られる傾向も解説しているので、きっと役に立つはずです。

誰もが被害者になる可能性がある!マッチングアプリの詐欺の見極め方を紹介!

出会いの場が欲しい人にとって便利なマッチングアプリで出会ってしまう可能性のある詐欺を見極めるにはどうしたらよいか、と考えている人は多いのではないでしょうか。

一般的にマッチングアプリを選ぶときには、Facebookアカウントの登録をする必要があるものの方が安心して利用できる傾向があるといわれています。

その他には18歳未満が利用しないようにするため、身分証明書で年齢確認をしているサービスの方が安心です。

被害に遭わないためにはマッチングアプリ詐欺の実態を知り見分け方を身に着けよう!

理想の相手を効率良く探せたりスキマ時間を活用しながら婚活が出来たり出会いの可能性や選択肢が広がったりワクワク感やドキドキ感が味わえたりなど、マッチングアプリには様々なメリットや魅力が詰まっています。

その魅力やメリットを最大限に得るためには、ルールやマナーを守って正しく安全に利用するというのが重要なテーマとなります。

そこで気をつけなければならないのが詐欺被害です。

マッチングアプリは不特定多数のユーザーが出会いを求めて集う場所ですので、中には不純な動機で悪意を持って利用登録している人もいます。

何らかのトラブルで被害を受けている人は急増中です。

被害の実態と怪しい人の見分け方を知って、面倒なトラブルに巻き込まれたり騙されたりしないように注意しましょう。

最も横行しているのが、婚活中の独身女性を狙った結婚詐欺です。

年齢的にもタイムリミットが迫っていて危機意識や焦りを感じながら必死で相手探しをしている女性がターゲットで、婚約をちらつかせてお金を騙し取るという手口です。

甘い言葉を投げつつ急接近してくる、所得が高すぎたり肩書が立派過ぎたりする男性には要注意です。

詐欺のマッチングアプリに多いのは投資勧誘の被害!

マッチングアプリは恋人を作るためや婚活として人気が高いので、利用したことがある方が多いと思われます。

アプリを通じてコミュニケーションを取ることができるため、気軽に理想の相手を見つけることが可能です。

マッチングアプリは便利な一方で、詐欺被害が生じているので気をつける必要があります。

特に多いのが投資勧誘です。

高額な投資商材を購入させられたり、絶対に儲けられる投資があると出資を求められたりするケースがあります。

出会いが目的なのに、一部のユーザーは詐欺目的で利用しているので、そういう人の言いなりになっては絶対にダメです。

自己紹介で投資のことばかり書かれている人は怪しいと疑った方がいいです。

職業が自営業や自由業となっている人も気をつけてください。

投資勧誘を行っている人の特徴を知っていることで、被害に遭うリスクを抑えることができます。

多少コミュニケーションを取っても構いませんが、やり取りをして怪しいと感じたら、すぐにブロックするべきです。

マッチングアプリ詐欺被害には美人局やパパ活詐欺も急増!

現代はスマートフォン一台あればどんなこともできる時代になってます。

お買い物もできたり、決済もでき振り込み手続きも簡単にできてしまいます。

スマートフォン一台で株やFXのトレードもワンタッチでできます。

我々はこうした便利な生活にどっぷりとはまってしまって、疑うことを知りません。

マッチングアプリなどもスマートフォンがあればすぐに利用でき、恋人を探したり結婚相手なども見つけることが可能となってます。

便利で疑うことを忘れた我々は、詐欺被害にも会いやすくなっていることを心得ておかなければなりません。

マッチングアプリでは巧みに男性心理を悪用し、美人局やパパ活被害も多くなってます。

SNSではきれいな写真や美しい女性の写真も多く掲載されており、それを鵜呑みにして下心を抱いてしまう男性も珍しくありません。

今一度、SNSやマッチングアプリを活用するときは、そこの掲載されている写真や投稿が、すべて真実でないということも心得て警戒心を持つことが大事です。

マッチングアプリ詐欺被害にはネットワークビジネスやねずみ講の詐欺もある!

マッチングアプリの詐欺被害はネットワークビジネスや、ねずみ講も潜んでいます。

登録の際には運転免許証や写真付きの公的証明書の提示を画像データで求められますが、内容自体のチェックが済めば問題ないからです。

中には退会処分を受けた犯罪者が画像を加工して別人になりすまし、マッチングアプリでアプローチしていることも後を絶ちません。

もちろん運営側でもオペレーターや、最近ではAIなどを用いてそういった悪質ユーザーの排除を行っていますがすべての排除が可能になることはないでしょう。

もしやり取りの際に不審な点があった場合は速やかに運営側へ通報することと、ブロックすることも視野に入れる必要があります。

実際に出会うときも一目のつかないところは避けることや、いつでも逃げられるような場所で待ち合わせするなど工夫を行う必要があります。

仮に商品の勧誘などに至った際は、丁重にお断りしたうえで速やかに運営側に通報するなどしましょう。

著者:石橋隆

筆者プロフィール

東京都渋谷区生まれ。
知人から投資勧誘に誘われたことがあると聞いて自分も気を付けようと思いました。
マッチングアプリの投資勧誘